山辺小学校の概要と沿革

 山辺小学校は、明治7年(1874年)8月4日に開校した、歴史と伝統ある小学校です。
 本校の教育目標は、21世紀の社会を担う望ましい人間像として、社会の変化に主体的に対応できる心豊かで、創造性に富み、たくましく生きる国際的日本人の育成を目指すため、児童や地域の実態等を踏まえ、子どもの具体像として設定したものであり、教育の今日的課題と軌を一にするものです。
沿   革
明治 6. 御厨就新舎の分舎として、八幡町「禅定院」本堂を借りて開校
明治 7. 8. 4 「立教舎」として独立 児童数90余名
明治16. 9. 「八幡学校」と改称
明治19. 4. 1 「八幡小学校」と改称
明治22.11. 4 「八幡尋常小学校」と改称
明治23. 4. 「禅定院」が焼失し、民家を借りて学習する
明治24. 6. 現在地に校舎を新築 以後増改築を経て現在に至る
明治25.12.28 「山辺尋常小学校」と改称
大正13.11.30 創立50周年記念講演会を開催
昭和16. 4. 1 「山辺町国民学校」と改称
昭和22. 4. 1 「山辺町立山辺小学校」と改称
昭和28. 4. 1 「足利市立山辺小学校」と改称
昭和34. 4. 8 個別学習学級設置認可
昭和36. 3.16 校歌を制定し、発表会を行う
昭和37. 6.26 プール落成
昭和43. 4.15 現西舎落成
昭和48. 4. 1 南小学校が開校し、学区が縮小する
昭和49.10.24 創立100周年記念式典を開催 タイムカプセルを埋設する
昭和52. 4. 1 ことばの教室設置認可
昭和58. 3. 4 現講堂兼体育館落成
昭和59. 3.30 現東舎落成
昭和60. 3.20 現北舎(東側部分)落成
昭和61. 3.10 現北舎(西側部分)落成
昭和62. 6.30 ミニプール落成
平成 3.11.8 平成元・2・3年度文部省指定道徳教育推進校研究会
平成 6. 1.31 西舎大規模改修完了
平成 9. 4. 1 ことばの教室が通級指導教室として認可
平成11.10.14 平成9・10・11年度足利市教育委員会指定同和教育研究学校研究会
平成15.11.17 平成14・15年度栃小教研足利支部体育科指導法研究会
平成15. 平成15年度読書活動優秀実践校として文部科学省より表彰される
平成16. 4. 1 足利市教育委員会英会話学習モデル校となる
平成16. 9.25 130周年記念運動会
平成18.11. 7 平成17・18年度栃小教研足利支部特別活動指導法研究会
平成20. 2.18 お話ぽけっと県教委感謝状受賞
平成20.10. 3 とちぎ地産地消夢大賞受賞
平成22. 4. 1 自閉症・情緒障害特別支援学級設置認可
平成23. 3.15 プール新設工事完了
平成24.11. 6 平成22・23・24年度足利市教育委員会指定学習指導改善研究学校研究報告会
平成26. 8.25 エアコン設置工事完了
平成27.11.6 栃小教研足利支部算数部会指導法研修会
平成28. 6.27 足利市教育委員会道徳教育研修会会場校
平成30. 4.18 「山辺小学校教育活動支援の会」発足
平成30.11. 6 栃小教研足利支部国語部会指導法研究会




山辺小 校章

 昭和3年11月14日、昭和天皇陛下のご即位を記念して校章を定めました。
 当時の山辺村の村章をそのまま使用し、中央に「小」の時を入れました。平和な小学校への願いがこめられていたそうです。
 昭和33年に「愛される山ばと」をテーマに、当時本校在職の教諭が改作し、現在の校章となりました。

山辺小 校歌

作詞 三田 忠夫  作曲 五月女 典夫

1.松風に 昔をしのばす 八幡山 背にめぐらして

  学び舎に光はあふれ きょうもまたあがる歌声

  ああ伝統ゆかし 山辺小学校

  
2.渡良瀬の 川原の小石の姿こそ それぞれちがえ

  
つらぬくは誠の心 師のおしえ守りゆかんと

  ああ親愛あつき 山辺小学校

  
3.ひらけゆく 野州の大空 浅間の 峰はかがやき

  ふりあおぐ希望のにじに こたえるは知徳のこだま

  ああ衆望こぞる 山辺小学校

山ばとの歌

作詞 浅野 元重  作曲 宮本 季己

1.ほほえみかける八幡森 松の緑も呼んでいる

  そのふところに いだかれて

  山ばとこばとは育つのだ

  
2.お日さま照る照る 広い庭 とんでるはねてる歌ってる

  仲よしこよし 手をとって

  いまに飛びたつ若ばとだ

  
3.赤いいらかに 青い空 仰ぐこばとのつぶら目に

  
希望がもえる 澄んでいる

  今に大きくなるはとだ